こんにちは、
イシキカイカク大学コーディネーターの
神谷 宗幣(かみやそうへい)です。

累計2,000名以上の意識に多大な変化を起こしてきた
伝説の学び舎『イシキカイカク大学』が
2年の沈黙を破り、満を持して復活します。

「4期で終了と言っていたのに、なぜ、
今、復活するのか?」

その理由は先日開催した
『イシキカイカク大学復活スペシャルライブ』
の中でお話ししました。

その時の映像を掲載しておくので
「復活の理由」に興味がある方は
以下の動画の冒頭約7分を御覧ください。

理由よりも「誰から何が学べるのか?」
「どんな環境が手に入るのか?」という部分が
気になる方は動画を飛ばして読み進めてください。

今回、第5期はタダの復活ではありません。

“メジャーリーグのオールスター”

と言っても過言ではないレベルの
人気と実力を兼ね備えた『スーパースター』
ズラッと揃えた強化復刻版です。

どんな講師陣が登場するのか気になって
仕方がないと思いますが、まずはじっくりと
順番にこの手紙を読み進めていってください。

天才の頭脳を
超速インストール

イシキカイカク大学の狙いの1つは
各界のトップエキスパートたちの知的財産を
一挙に脳にインストールし、短期間で飛躍的に
教養レベルを高めることです。

単純な雑学ネタを覚えるわけではなく
実践的で具体的な知識とその使い方を習得するので
仕事や人間関係などのリアルな日常世界の中でも
様々な変化を実感していくことができるでしょう。

イシキカイカク大学でお伝えする「高品質な情報」には
それだけのパワーがあるのです。

感度が高いあなたは、私がYouTubeやKAGURAなどで
発信している情報に触れ、多角的情報を得ることの意味と
その重要性については理解してくれていると思います。

が、本当に重要なことなので、少しだけおさらいしましょう。

「多角的情報」で人生は変わる

あなたももうご存知の通り、
「情報」というのは全ての土台となります。

人は手元にある情報を基に考え、行動し、
自分の未来を、人生を決定していきます。

しかし、この情報が溢れすぎている時代の中では
ほとんどの人が、一体何が本当に正しい情報なのか
わからなくなっている状態です。

「メディアも政治も教育も信用できない」
「でもどうやって真実を見極めたらいいかもわからない」

そんな葛藤を抱えている人が本当に多いです。

嘘だらけのニュースに
まんまと踊らされる民衆

もっと悪いケースだと、嘘の情報を信じて
行動を起こし、失敗してしまうという
悪循環にハマってしまう人も多々いるのです。

その解決策こそが「多角的な視点と高品質な情報」です。

この2つを揃えることにより、自分の頭で
一体何が正しいのかを考え、取捨選択できる状態が作れます。

これこそが、ウソの情報に踊らされないための
唯一の方法となります。

「多角的な視点と高品質な情報」の収集場所として
うってつけなのが、私が運営するYouTubeチャンネル
CGS(チャンネルグランドストラテジー:登録者約26万人)や、
価値ある動画や教材をまとめた「イシキカイカク.com」でした。

CGSやイシキカイカク.comは、各業界のエキスパートたちの
協力を仰ぎ、日常ではなかなか得ることができない
高い水準の情報を様々な角度で提供し、あなたに判断材料を
たくさんお渡しすることが目的のメディアです。

CGSもチャンネル開設以来、赤字運営を続けてきました。

が、良いコンテンツをお届けすることにこだわってきたことが
じわじわと評価され、今では26万人を超える方々に
チャンネル登録していただき、その人数は
日々凄いペースで増え続けています。

CGSもイシキカイカク.comもどちらも
これまでに利用者の方々からの賞賛の声、
満足の声を
たくさんいただいてきました。

が、その中には少なからずこういった声もありました。

「質の高い情報は手に入れる事ができた。
で、その後は一体どうすればいいの?」

「貰った情報を、どのように活かせばいいか分からない」


「知識は増えたが、自分の生活は何も変わらない」


「具体的に私が何をしたらいいのか、教えてください!」

このような声を多数いただきました。

CGSやイシキカイカク.comは、あくまでもメディアです。

そしてメディアとはインフォメーション(知識)を提供するもので、
そのインフォメーションを活かしてリアルに生活を
変えていくところまではフォローできていませんでした。

せっかく高品質の情報を手にしても、
知識が増えるだけで何も変わらない。

その事実を歯がゆく感じている人も多いようです。

知っていても動けない
歯がゆさと葛藤

私も同感です。

インフォメーション(知識)は有機的に組み合わせ、
インテリジェンス(知恵)に昇華させなければ、
何の意味もありません。

どんなに料理のことを学んでも外食ばかりでは意味がありませんし、
どんなに英語を学んでも日本から出ないなら、ほぼ無意味です。

学び、そして実践することで、生活や行動に結びつく知識…

すなわちインテリジェンスに変わっていきます。

もちろん、CGSやイシキカイカク.comで得た
インフォメーションを自らのライフスタイルに落とし込み
すぐに知恵に昇華させることができる人もいますが、
やはりそれは一部です。

多くの方は、知識が増えるばかりで生活や行動を変えることができません。

知識を知恵に変える
唯一の方法

インフォメーションをインテリジェンスに変え、
実生活を変えるためには、以下の要素が不可欠です。

○高品質で様々な角度からの「情報(インフォメーション)」
○情報を組み合わせて、自分の頭でインテリジェンスを組み上げる「思考」
○そのインテリジェンスを生活で活用するための「実践」
○それを継続し、さらにレベルアップさせていくための「仲間」

あなたは今、CGSやイシキカイカク.comによって
「情報」は得ていますが、それだけでは
片手落ちだということです。

それを組み上げて思考にする訓練と生活に活用する実践、
そして継続するための仲間が必要なのです。
この4つのプロセスを経て、初めて高いレベルで
あなたの生活を変えることができます。

そして、これらの要素を全て満たした環境こそが
私が立ち上げた「イシキカイカク大学」なのです。

 

イシキカイカク大学では、あなたに最高水準の
情報を提供するだけでなく、それを実践するための
リアルな環境を用意します。

さらに、同じく高い意識を持つ仲間たちとリアルで繋がることで
さらなる情報共有と、モチベーションの維持に繋がります。

1:より精度の高い情報を生で入手することができる
2:同じ意識を持つ仲間ができる
3:エキスパート講師陣と直接つながれる

4:一般人は参加できない高品質の国内外研修に参加できる
5:現場の政治家との交流できる
6:得た情報を実生活に落とし込む実践型プラットフォームがある


これら6つの学びによって、高度な知識と
知恵(インテリジェンス)を持つ人材を育成する。

そして、それぞれが自分自身の生活を豊かにし、
最終的には日本を豊かにする。

日本初のオンライン情報大学であり、

現代版「松下村塾」のような存在。

それがイシキカイカク大学なのです。

世界最高水準の環境を揃えた
学校では教えてくれない「真実」の学校

イシキカイカク大学の目的はただ一つ。

「学校やメディアでは教えてくれない真の情報を多角的に提供し、

さらにそれを実生活に落とし込む実践の場を設けることによって

高い水準の生活を目指し、公の心を持った日本人を育成すること」

これです。

すべてはここを目指し、あらゆるものを提供していきます。

「公の心」とは、他社貢献・社会貢献といった、
日本人らしい志を持ち、心に余裕を持った状態のことです。

自分の生活を満たし、他者の幸せを考えることができる日本人を
一人でも多く育成していきたいと思っています。

自分を豊かにし社会を豊かにする
具体的なロードマップ

あなたの生活を豊かにすることは、
日本を変えることに直結するのです。

そんな確信と理念を持って、
私はイシキカイカク大学を創りました。

当大学では、あなたに真実の情報をお伝えし、
それを宝の持ち腐れではなくしっかりと
実践する機会を与えることをお約束します。

具体的には、以下の5つをあなたに提供していきます。

あなたが手に入れるものその1:
各界のエキスパートによる講義

イシキカイカク大学ではこれまでも各業界の
トップエキスパートたちに講師として
登壇してもらいました。

全員私が見込んだその道のプロです。

彼らがその道のプロとして生きていく中で培ってきた

知識・ノウハウを包み隠さずあなたに提供していきます。

ここで聴くことのすべてが、マスメディアや学校では決して
伝えられることのない「生きた情報」です。

YouTubeで公開しようもんなら数時間も立たずに
アカウントが停止されてしまうレベルの情報が
矢継ぎ早に披露されることになります。

また、一人の先生、一つの情報源から盲目的に
学ぶのではなく、いろいろなスタンスの先生から
並行して学ぶことで、多様な視点を通したモノの見方を
養うことができるわけです。

そして、今回の第5期は、記念すべき復活バージョンです。

イシキカイカク大学に初登場の新講師の方と、
1〜4期までに登壇していただいた中で特に人気があり
かつ「今」を読み解くために最適な知恵を
授けてくれる先生方にご登壇いただきます。

過去、登壇していただいた先生方ももちろん
各業界の4番バッターが勢揃いという感じでしたが、
今期はさらに限界ギリギリまで踏み込み、
圧倒的なラインナップでお届けしていきます。

早速、先生方のプロフィールをご紹介します。

第5期 講師プロフィール一覧

プロフィール

吉野 敏明(よしの としあき)
神奈川県横浜市出身、岡山大学歯学部卒業。医療問題アナリスト、作家、鍼灸漢方医の家系11代目,歯科医師、歯学博士、日本歯周病学会専門医・指導医。医療法人社団誠敬会会長、誠敬会クリニック銀座院長、元慶応大学医学部非常勤講師、元医療法人松見病院(精神科病院 病床250)、前医療法人桃花会一宮温泉病院(病床123床)理事長。西洋医学と東洋医学、医学と歯科医学を包括した治療を実現することを使命に、日々の難疾患の患者さんの治療に臨む。

【代表的な著作】
『「ドクターと牧師の対話』 (万代宝書房)
『僕はノリちゃんである』(万代宝書房)
『本当に正しい医療が終活を変える』(かざひの文庫)

【受講生へのメッセージ】
『世界で一番素晴らしい医療制度、安くて質の高い治療が日本全国どこでも受けられる』この洗脳が、日本人に隅々まで広まっている。現実は、原因除去をすること無く、出現した症状に対して延々と何十年も応急処置を行い、高額な医薬品や治療をとんとん保険に導入している。

その治療費の支払いはほとんどが税金である。我々が支払った医療費が外国資本に吸い取られる巧妙な仕組みとなっている。医療は原点に立ち戻り、免疫力をあげて病気にならない事、もしなっても未病の段階で原因除去療法に徹し、大掛かりな治療にならないようにする事を重視すべきである。医療と福祉で一般会計の半分の50兆円にせまろうとするなか、医療問題は日本にとって最も重要な課題である。その処方箋を示していきたい。

=======================================
【講座名】日本医療の構造的問題と本当の健康を考える
=======================================

講義テーマ
第1講:病気と何か、健康とは何か
第2講:日本の医療の何が問題なのか
第3講:日本の医療費のシステム・医学教育のシステム・医産複合体
第4講:あるべき医療
第5講:医療システムの再構築

プロフィール

林 千勝(はやし ちかつ)
近現代史研究家・ノンフィクション作家。
東京大学経済学部卒。富士銀行(現みずほ銀行)などを経て、現在に至る。
長年、近現代史の探究にとりくむ。

【代表的な著作】
『近衛文麿 野望と挫折』(ワック)
『日米戦争を策謀したのは誰だ!』(ワック)
『ザ・ロスチャイルド―大英帝国を乗っ取り世界を支配した一族の物語』(経営科学出版)

【受講生へのメッセージ】
日本と世界の近現代史を、既成概念にとらわれず、事実のみをまっすぐ見つめ、掘り下げていきます。
私たちは、過去から流れ来る大きな川の流れ、歴史のただ中にいて、今、激流を迎えようとしています。
歴史を学び、歴代の大統領たちやマルクス・レーニンあるいは国際金融資本家たちを見切るだけの“智の武装”をし、それを広めて世の意識改革に結びつけるならば、どんな“困難”も光明へ誘う友という顔を見せ始めます。希望という大海原にともに漕ぎ出しましょう。

===================
【講座名】本当の近現代史
===================

【講義テーマ】
第1講:世界の構図と日本の位置 
第2講:国際金融資本がつくったアメリカ合衆国(1)
第3講:国際金融資本がつくったアメリカ合衆国(2)
第4講:国際金融資本がつくった共産主義
第5講:ロスチャイルド、ロックフェラーと日本

プロフィール

武田邦彦(たけだ くにひこ)
昭和18年生まれ。杉並区立荻久保中学校、東京都立西高等学校、東京大学教養学部基礎科学科卒業、工学博士。旭化成工業、芝浦工業大学、名古屋大学、中部大学を歴任。他の大学の非常勤講師、名古屋市経営アドバイザー、富山市参与、日本工学教育協会常任理事など。原子力学会平和利用特賞、燃料協会賞など。原子力委員会、原子力安全委員会、科学技術審議会、中央教育審議会などの専門委員。やしきたかじんのそこまで言って委員会、さんまのホンマでっか、ゴゴスマなどのテレビ出演、著作活動。高等学校「現代国語」に随筆が収録。

【代表的な著作】
『武器としての理系思考』 (ビジネス社) 
『「地球温暖化」論で日本人が殺される!』(講談社)
『偽善エネルギー』 (幻冬舎)

【受講生へのメッセージ】
現代の日本人は「政治と報道の欠陥」によって「現実とは違う幻想の世界」に住んでいます。それは「所得の減少、不安定な雇用、辛い人間関係」をもたらしていますし、近い将来に子供たちは「貧乏な国で仕事につけない生活」を送ることになるでしょう。もともと日本は2000年来、「力づくではない社会」を築いて世界でもまれにみる「幸福な国」を作るのに成功しました。今こそ、日本文化と社会を見直す時期です。

==========================
【講座名】日本のミスマッチを正す
==========================

【講義テーマ】
第1講:「環境問題」のミスマッチ
第2講:「歴史の改ざん」のミスマッチ
第3講:「医療、健康」のミスマッチ
第4講:「メディア」のミスマッチ
第5講:ミスマッチの原因と日本の発展

プロフィール

長典男(ちょう のりお)
中学3年の時、偶然立ち寄った護国寺で運命的に出会った僧侶に導かれ、和歌山県の高野山にて真言宗金剛峯寺派の在家僧侶として修行。
22歳まで活動したあと、還俗。現在は自らの「見えないものを見る力」を生かし、人生相談や情報提供を行っている。

【代表的な著作】
『はじまりの時 光を観じ愛に生きる時代へ』(きれい・ねっと)

【受講生へのメッセージ】
今回のお話に共通したテーマは、「視点を変えることで気付くこと」です。一般的にはあり得ないような「なんちゃって」という設定を織り交ぜながら、それだからこそ起こりえると思われるこれからの未来を、受講生の皆様と共に考えることが出来れば、とても面白いと思っていますし、それが新たな気付きの元になればと思っていますので、よろしくお願い致します。

======================
【講座名】視点を変えて生きる
======================

【講義テーマ】
第1講:選挙に行こう
第2講:地底人からの伝言
第3講:もし、織田信長が現代に生まれていたら?
第4講:生活保障とベーシックインカム

長典男先生インタビュー

プロフィール

丸谷 元人(まるたに はじめ)
1974年生まれ、オーストラリア国立大学卒業。
米海兵隊や民間軍事会社における対テロ戦闘、対人警護や誘拐事案対処訓練などを修了。
パプアニューギニアで身辺警護や地元部族との交渉、情報収集分析を行い、ナイジェリアの石油施設では国際テロ組織や民兵集団、マフィア、海賊組織など対象としたテロ対策とインテリジェンス活動を行う。帰国後は、雑誌等でテロや危機管理、政治分析に関する論文を執筆し、講演などをも行っている。

【代表的な著作】
『「イスラム国」はなぜ日本人を殺したのか』(PHP研究所)
『日本軍は本当に「残虐」だったのか』(第24回山本七平賞候補作。ハート出版)
『学校が教えてくれない戦争の真実』(ハート出版)

【受講生へのメッセージ】
「グローバリズム」とは、マネーという共通言語を使って私たちの財布の中にまで手を伸ばし、富める者をさらに豊かにし、貧しき者をさらに貧困に追い込む金儲け第一主義、弱肉強食の思想です。そんなグローバリズムは反対派や保守主義を攻撃し、反対する政府はテロや戦争によって壊滅させます。私たちが持ちうる唯一最大の武器「インテリジェンス」を通じ、その本質を見極めながら将来の日本のあり方や私たちの生き方を共に考えていきましょう。

=========================================
【講座名】グローバリズムと戦うためのインテリジェンス
=========================================
第1講:国家を牛耳るグローバリズム
第2講:グローバリズムの兵器:マスメディア
第3講:テロと戦争:対立の煽動から段階的世界統一への道
第4講:グローバリズムと優生学
第5講:グローバリズムの理想郷と日本人のあるべき姿

丸谷元人先生インタビュー

プロフィール

並木良和(なみき よしかず)
スピリチュアル・カウンセラー、作家。
幼い頃よりサイキック能力を自覚し、高校入学と同時に霊能力者船越富起子氏に師事。大学卒業後、整体を学び整体師として働く。
その後、神界・天使界の導きの元2006年から本格的にスピリチュアル・カウンセラーとして独立。
ワークショップや講演も開催している。日本全国に7000人以上のクライアントを抱える、人気のカウンセラー。

【代表的な著作】
『みんな誰もが神様だった』(青林堂)
『ほら起きて! 目醒まし時計が鳴ってるよ』(風雲舎)
『目醒めへのパスポート 本当のあなたを憶い出す、5つの統合ワーク 』(ビオマガジン)

【受講生へのメッセージ】
「ずっとお話して来た「大激変」の二年間を越え、僕たちは、いよいよ「大激動」の数年間を迎えようとしています。これは怖いことではなく、「新たな素晴らしい時代へ向けた、生みの苦しみ」のようなものです。
この大激動の流れは、どのようなもので、何に気をつけ、どう在ることが大切なのを理解することで、優雅に易々と波乗りすることも出来るんです!今回の講義で、そのポイントを理解していただけたらと思います☆

=============================
【講座名】大激動の時代をどう生きるか
=============================
【講座テーマ】
第1講:あなたの意識を変える世界の捉え方
第2講:時代を生き抜くためのイシキカイカク

並木良和先生インタビュー

プロフィール

笠井 成樹(かさい しげき)
ハーバード大学マーシャル・ガンツ博士のメソッド「コミュニティ・オーガナイジング」の専門家。
慶應義塾大学SFC研究所 所員(2014 - 2018)。
NPO法人ソーシャルプロデューサーズ代表。

【受講生へのメッセージ】
変革者たちは自分の中に芽生えた小さな違和感を掘り下げ、常識を疑い、嘘を発見することから冒険をスタートさせてきた。(とある本からの引用)
まさに上記を実現させるために前半はアート思考で常識に囚われない柔軟な思考力を身に付けて、後半はあなたが抱いた違和感からより重大な問題と解決方法を発見するデザイン思考を学びます。またアート思考は右脳的で、デザイン思考は左脳的です。感覚派、論理派どちらの方にとっても自分に足りない視点を補える内容になっています。

========================================================
【講座名】考えることが楽しくなるアート思考と、解決まで導くデザイン思考
========================================================

【講義テーマ】
第1講:思考の柔軟体操:アート思考の練習
第2講:思考を繋げる:類似、相似、連想
第3講:思考を飛躍させる:シュンペーターの新結合
第4講:クリティカルな問題を発見する:デザイン思考の練習
第5講:コンセプト作りから解決策を練る

笠井成樹先生インタビュー

プロフィール

世野いっせい(せや いっせい)
投資家。主に、国際金融、米国の不動産投資に精通。芸能人やメジャーリーガーなど、多くの顧客を持つ。
かつて外資系投資会社とのパートナーシップにより、いわゆる「ハゲタカ」として14年間活動した経験を持ち、海外投資家のマインドを深く知る。
海外に長く滞在して分かった、文化を継承していくことや母国を大切にすることの重要性を伝えつつ、道徳と経済の合一を目指して活動している。

【代表的な著作】
『金持ち脳でトクする人 貧乏脳でソンする人』 (PHP文庫)
『お金持ちの「投資家脳」、貧乏人の「労働脳」』(河出書房新社)

【受講生へのメッセージ】
世界一、勤勉で働き者の日本人が、なぜ豊かになれないのか?
多くの日本人が漠然と老後不安を抱えているのはなぜなのか?
その原因を紐解き、日本人ならではの特性を最大限に活かし、どうすれば豊かになれるのかを、多くの富裕層たちが実際に使ってるメソッドを例に、具体的にお伝えしたいと思います。世界の富裕層の思考やメソッドをまず知ることから始めましょう。

=================================
【講座名】世界は働き者の貧乏人で溢れている
=================================

【講座テーマ】
第1講:大変革の時代 
第2講:世界一バカな金持ちの国「日本」
第3講: 労働脳と投資家脳
第4講: 米国不動産投資

世野いっせい先生インタビュー

プロフィール

茂木 誠(もぎ まこと)
東京都出身。駿台予備学校、ネット配信のN予備校で大学入試世界史を担当。iPadを駆使した独自の視覚的授業が好評を得ている。
世界史の受験参考書のほか一般向けの著書も多数。
YouTubeもぎせかチャンネル/ブログ「もぎせかブログ館」で、時事問題について発信中。

【代表的な著作】
『世界史講師が語る 教科書が教えてくれない 「保守」って何?』(祥伝社)
『世界の今を読み解く「政治思想マトリックス」』(PHP研究所)
『世界史につなげて学べ 超日本史』(KADOKAWA)

【受講生へのメッセージ】
ネットとSNSの普及は、国家による情報統制を難しくし、人々は自由を得たかのように錯覚してきました。しかしそれは、新たな「情報管理者」による見えない言論統制の始まりでもあったのです。それが明らかになったのは、2020年でした。私たちはどのように世論誘導され、他人の考えを自分の考えであるかのように思いこまされてきたのか? そのことを検証し、自由を守るための方法を一緒に考えましょう。

========================================
【講座名】マスメディアとビッグテックによる情報統制
========================================

【講義テーマ】
第1講:2020年米大統領選に関する情報統制
第2講:コロナとワクチンに関する情報統制
第3講:地球温暖化と脱炭素に関する情報統制
第4講:自由を脅かしている者たちの正体

茂木誠先生インタビュー

プロフィール

執行草舟(しぎょう そうしゅう)
昭和25年東京都生まれ。立教大学法学部卒業。実業家、著述家、歌人。
独自の生命論に基づく事業を展開。戸嶋靖昌記念館館長、執行草舟コレクション主宰を務める。
蒐集する美術品には、安田靫彦、白隠、東郷平八郎、南天棒、山口長男、平野遼等がある。
洋画家 戸嶋靖昌とは深い親交を結び、画伯亡き後、全作品を譲り受け、記念館を設立。
その画業を保存、顕彰し、千代田区麹町の展示フロアで公開している。日本菌学会終身会員。

【代表的な著作】
『現代の考察 ただ独りで生きる』(PHP研究所)
『生命の理念』(Ⅰ・Ⅱ)(講談社エディトリアル)
『超葉隠論』(実業之日本社)

【受講生へのメッセージ】
ブレない生き方は、体当たりと失敗の中からしか生まれない。その中で、苦しみ続けることだけによって、自分の軸は固められていく。死生観が立った後、軸が固まるまでは失敗の連続となるだろう。それにどう対応するかで軸の成否は決まる。軸は、敗け続けることによって徐々に固まっていくのだ。動き続けることが、動かざるものを確実にする。伝統を守るためには革新が必要なのだ。ブレない生き方とは、革新と失敗を恐れないことに尽きよう。

=====================
【講座名】独立自尊の生き方
=====================

【講義テーマ】
第1講:死生観を持つ
第2講:ブレない軸で生きる

執行草舟先生インタビュー

プロフィール

荒谷 卓(あらや たかし)
昭和34年(1959)秋田県生まれ。大館鳳鳴高校、東京理科大学を卒業後、昭和57年陸上自衛隊に入隊。福岡19普通科連隊、調査学校、第一空挺団、弘前39普連勤務後、ドイツ連邦軍指揮大学留学(平成7~9年)。陸幕防衛部、防衛局防衛政策課戦略研究室勤務を経て、米国特殊作戦学校留学(平成14~15年)。帰国後、編成準備隊長を経て特殊作戦群初代群長となる。平成20年退官(1等陸佐)。平成21年明治神宮武道場「至誠館」館長。平成30年国際共生創成協会「熊野飛鳥むすびの里」創設。

【代表的な著作】
『サムライ精神を復活せよ!』(並木書房)
『戦う者たちへ』(並木書房)
『自分を強くする動じない力―――面白いくらい実力を発揮していく7つの法則』 (三笠書房)

【受講生へのメッセージ】
戦国時代、軍隊的性質の布教団体イエズス会から大東亜戦争に至るまで日本人は国民一丸となってグローバリゼーションと戦ってきた。しかし、終戦後の7年間に及ぶ米軍占領下に、日本国はグローバリゼーションの側の手先と化してしまった。押して現在、パワーエリートは「新世界秩序」を形成するため、恐怖を使って、人間相互不信と対立、分断化と非社会化を進め、情報管理と法的強制力を持って管理社会の実権を図ろうとしている。その流れとどう向き合うかを4回の講義を通して考えていく。

=============================
【講座名】グローバリズムとどう向き合うか
=============================

【講義テーマ】
第1講:日本のグローバリゼーションとの戦いの歴史
第2講:グローバリゼーションの現状
第3講:ポスト・グローバリゼーションとしての日本文化
第4講:いかにグローバリゼーションと戦うか

荒谷卓先生インタビュー

プロフィール

篠原 常一郎(しのはら じょういちろう)
1960年東京生まれ。高校卒業後に日本共産党入党。立教大学文学部教育学科卒。1985年より党勤務員、後に国会議員秘書。2004年に党除籍。2009~12年は民主党衆議院議員政策秘書。安全保障・外交問題の政策研究や国会議員の実務サポートに当たりながら、地方及び国政選挙の実務にも携わる。

【代表的な著作】
『中国が仕掛ける「シン・共産主義革命」工作』(扶桑社)
『北朝鮮と拉致問題を正しく理解するためのチュチェ思想入門』(扶桑社)
『日本共産党 噂の真相』(扶桑社)

【受講生へのメッセージ】
世界の裏側の真実が仄見えると、「陰謀論」という言葉で非難されることがしばしばだが、これは取材力・解析力のない「論者」の戯言。共産主義や国際紛争の歴史は、真の陰謀に溢れている。まともな生活、政治をめざすリーダーは底流を知り、読み取る力をつけて欲しい。

===========================
【講座名】インテリジェンス・ウェポン
===========================

【講義テーマ】
第1講:怪物に成長した共産主義(妖怪のマルクス、秘密結社のレーニン)
第2講:日本の55年体制と共産主義ーGHQ占領体制と冷戦がもたらしたもの
第3講:コミンテルンが生んだ日本共産党の過去といま
第4講:カルト化した共産主義=チュチェ思想、なぜ広まるのか
第5講:アメリカ合衆国の”共産主義革命”とDSが企む世界流動化

篠原 常一郎先生インタビュー

講師 兼 コーディネーター

神谷 宗幣(かみや そうへい)
イシキカイカク株式会社代表取締役。参政党事務局長。龍馬プロジェクト全国会会長。
法科大学院で法律を学び、29歳で吹田市議会議員に当選。平成21年、地方から日本を変えたいと「龍馬プロジェクト全国会」を発足。以来代表を務める。平成25年にはインターネットチャンネル「CGS」を開設し、政治や歴史、経済をテーマに番組を配信。令和2年、「参政党」を結党し、世の中の仕組みやあり方を伝えながら、国民の政治参加を促している。

【代表的な著作】
『大和魂に火をつけよう』(青林堂)
『坂本龍馬に学ぶ「仲間をつくる力』(きずな出版)
『子供たちに伝えたい「本当の日本」』(青林堂)

【受講生へのメッセージ】
イシキカイカク大学を開催する意図、12名の講師のお話をどう整理していけばいいか、学んだ知識を活用し今後のアクションをどう作っていくか、といった話をします。全体を繋げて、皆さんが学びを深めるお手伝いになるようにしますので、しっかり聞いてください!

===============================
【講座名】イシキカイカクで日本を変える
===============================

【講義テーマ】
第1講:イシキカイカク大学と日本の教育
第2講:行動こそ本音

そうそうたる講師陣による珠玉の講義を
5ヶ月間、合計110時間に渡りお届けします。

授業は1コマあたり約2時間ですが、
(中には2時間以上の講義もありますが)
この講義時間の密度は半端ではありません。

矢継ぎ早に目まぐるしく展開が変わる
ジェットコースターのような講義であり、
名作映画にも負けない重厚かつ濃密な
知的アドベンチャーでもあります。

先生方の発する強烈な知的エネルギーが
あなたの脳に、身体に流れ込み
1コマ終わるごとに頭から湯気が立ち上り
心地よい疲労感に包まれることでしょう。

あなたが手に入れるものその2:
ライブ中継/リアルタイムQ&A

イシキカイカク大学の講義は教室で開催する講義を
リアルタイムで全国に生中継する
「ネット」と「リアル」を融合したハイブリットな
スタイルでお届けしています。

通学生として教室にいる人はもちろん、
通信生としてネット受講している人も
各講義の前後に先生に質問するチャンスがあります。

授業を聴く中でいろいろな疑問や質問が
浮かんでくると思いますが、未解決のまま
放置しても1ミリもプラスになりません。

すぐにその場で聴いてみて、プロの答え、
プロの視点に触れることが重要です。

先生をうならせる良い質問ができるように
しっかりと講義に集中して聴いてみてください。

あなたが手に入れるものその3:
受講生限定!特別な国内外の
研修ツアー参加権利

私はこれまで多くの諸外国を訪れ、見聞を広げてきました。

ドバイ、イスラエル、オランダ、デンマーク、シンガポール、インド、スリランカ、インドネシア、台湾、フィリピン、アメリカ、中国、マレーシア、カンボジア、ロシア、アゼルバイジャン、エストニア、アイスランド、ペルー…

他にも数えきれないほど海外へ視察・研修へ行っています。

日本にいては見えない日本の良さが、
海外に行くことで再認識できます。

さらに、この研修では私のコネクションがないと入れない場所に入り、
通常では決して触れることができないものに触れ、
普段は会えない人に会うことができます。

一瞬であなたの価値観がガラリと変わるような
体験を提供しますので、楽しみにしていてください。

また、旅をすることで仲間同士の絆はさらに強まり、
より高い次元の同士として繋がっていくことができます。

この研修はイシキカイカク大学の醍醐味でもあります。

ぜひご参加ください。

あなたが手に入れるものその4:
現役政治家との交流会参加権利

あなたは「政治家なんて全部腐ってる」と思っていませんか?

それは一部の事実ではありますが、真実ではありません。

私が6年の議員活動の中で見てきた中で感じたのは、
根っこまで腐っている人も多いですが、中には
「本気で日本を何とかしたい」と考えて活動している
情熱をもった政治家もいるということです。

そんな強い情熱を持っているにも関わらず、なぜ彼らは
なかなか日本を変えることができないのでしょうか?

それは、政治家に問題があるのではなく、
現行の政治のシステムに問題があるのです。
(その問題がなにかは、生徒にはお伝えしています)

そしてイシキカイカク大学では、現行のシステムと戦い
何とか日本を救おうとする情熱ある現役の政治家たちと
交流の場を設けます。

彼らがどのような想いで政治活動をしているのか、
あなたの目と耳で確かめてみてください。

多くの発見があるはずです。

通常ではなかなか難しい現役議員との交流の場を提供します。

あなたが手に入れるものその5:
実践環境の提供

ここが一番重要です。

ここまで提供した環境の中で、あなたの知識は洗練され、
かなり高品質な知識が蓄積された状態になっているはずです。

ですが問題はここから。その知識を知恵に変え、
どのようにあなたの生活を変化させていくか?
がテーマとなります。

イシキカイカク大学では、その知識を生かして
実生活を変えていくための実践の場を数多く提供していきます。

知識を得て、それを実践する。

インプットとアウトプットを繰り返すことが
できる環境だからこそ、あなたの知識は生活に密着した
「知恵」となり、深く落とし込むことができるのです。

実践の場は一つではありません。

いくつも用意しています。

多角的に情報を得る→実践…これを繰り返すことで、
あなたは他のどの日本人よりも頭一つ抜き出た水準で
生活を送ることができます。

どのような場なのかは、生徒にだけお伝えしていきます。

楽しみにしていてください。

いかがでしょうか?

これらの環境が全てあなたの手に入ることになります。

しかも情報源となる講師陣は、まさに超一流です。

これほど高い水準の学び場は、これまで日本にはありませんでした。

最高の環境で、正しい道を歩める日本人を育成する。

これがイシキカイカク大学です。

入学前の今の段階から情報量が多いので、
混乱している方もいるかもしれません。

ここで、あなたがイシキカイカク大学に入学したら
実際どんな風にステージアップしていくのか?
そのシミュレーションの一例をお見せしようと思います。

ステージ1:
イシキカイカク大学に入学
超一流のエキスパート講師陣から
最先端の情報を多角的に受け取る

入学した瞬間からあなたが手にする情報は質が変わってきます。

嘘か本当かもわからないメディアからの情報ではなく、
その道のプロフェッショナルとして生きてきた講師陣から
本物の情報を多数仕入れることができるようになります。

エキスパートたちの授業を自宅に居ながら
サテライト受講することができるということです。

他にも、イシキカイカク大学の生徒専用の
メディアから情報を受け取ることもできます。

様々な情報が、様々な角度から入ってくるようになります。

最初は混乱するかもしれませんが、「情報のシャワー」を
浴び続けるとそれぞれの関連性を見出し、無意識のうちに
どれが正解なのか理解できるようになります。

つまり、受けた情報を反射で捉えるのではなく、
「一度、自分の頭で考える」という
プロセスが
自然に身についています。

こうなると、自分の意見を言葉で述べることが簡単になるし、
他人に流されることなく、自分の考えを
しっかり持つことができるようになります。

ステージ2:
質疑応答で知識を深める

イシキカイカク大学の授業は講師陣から
一方的に情報を受け取るだけではありません。

教室で授業を受ける通学生はもちろん、
遠隔で受講する通信コースの方も
リアルタイムで質問をすることが可能です。

質の高い情報によって自分の意見が生まれ、

さらにそこから生まれた疑問を

質疑応答によって解決していく。

効率の良い学習方式のテンプレートとも言える流れを
取り入れることで、あなたは確実に、
着実にステージの高い知識人へとなっていきます。

ステージ3:
意見交換でアウトプット&同志作り

意見交換の重要性は先ほど説明した通りですが、
学習(インプット)をしたら、
それを発表(アウトプット)することで
効率よく知識を頭に定着させることができるようになります。

大学側で用意した交流の場で、あなたの意見を発表してください。

それが難しい方は、人の発表の様子を聞いているだけでも構いません。

とにかく意見を交わす場に参加することが大事なのです。

さらに、ここでは参加した生徒同士の交流も図れます。

それによって日常では決して知りえない
同じ意識を持つ仲間ができ、高いモチベーションを持って
次の情報を得ることができるようになります。

ステージ4:
得た知識を実際に活用し、生活を変える

せっかく得た知識を、頭の隅っこに置いておくのは
本当にもったいないです。

「宝の持ち腐れ」と言っても過言ではありません。

次はそれを実践に活かし、現実の生活を変えていきます。

情報を活かしどのように生活を変えたいのか?
それは人によって違います。

○健康的で自分に合った食生活を送りたい
○活力があって頭がスッキリした毎日を送りたい
○会社を次のステージへと引き上げたい
○仕事の効率をもっと改善したい
○収入を上げたい
○子供に正しい教育をしてあげたい
○世の中の仕組みをもっと知って誰かに伝えたい
○本を出版したり、テレビに出演したりして、
 
 影響力のある人間になりたい
○自分の知らない世界をもっと知りたい
○時間に拘束されない自由な人生を送りたい
○自分の天命を知りたい

人の数だけ「〇〇したい」という想いがあると思いますが、
多角的情報を活かすことで、どのような目的でも
達成することができるようになります。

様々な情報を多角的に得て、
それを目的へと
活用する実践の場があることで
あなたは
宝の持ち腐れをすることなく、

実生活を変化させることができます。

何度も言いますが、あなたが正しい情報によって
生活を変えていくことが、最終的に日本を
変えることにも繋がっていきます。

是非、この実践の場を思いっきり活用してください。

ステージ5:
国内外の研修によって世界の真実を知る

この頃には、あなたが仕入れる情報の質はこれまでとは異質で、
一般では入手しえないような知識と知恵を持っています。
さらには、その情報を活用することで、あなたの生活は
どんどん理想に近づいている頃だと思います。

そのタイミングが重要です。

そこから国内外の研修に出ることによって、
一気に見聞を広げることができます。

私はこれまで何度も研修を企画し、
多くの人を
招待してきました。

が、そこで多くを学ぶ人と、
何も学べない人とで
キレイに2つに分かれます。

なぜそうなるか?というと、
前提となる知識量や
視座の高さの違いが原因です。

何も知らない、自分の意見もない、
自分も生き方も分からない人が
どんなところで何を見ようとも、
それに気づくことができないのです。

一方で、正しい知識を持ち、世の中の仕組みを
理解している人からすれば、世界の全てが教材であり、
どんどん新しい考え・アイディアが出てきます。

しかし、この研修に出るころには、

あなたの知識と知恵は相当蓄えられ

研修に参加することによって、

さらに広い見識を持つことができるでしょう。

また、旅というオープンな行動だからこそ心を開き、
ここでまた新たな仲間がたくさんできます。

これはこれまでの研修全てでそうだったので、
間違いありません。

イシキカイカク大学の生徒となり、以上のステップを
正しく踏むことで、あなたは短期間で別人のような
「真の情報強者」に生まれ変わるでしょう。

過去の受講生の声

イシキカイカク大学1〜4期を修了された方から頂いた
リアルな感想の声をいくつか紹介します。

実際にはこの50倍くらい頂いているのですが、
全て掲載するとそれだけでページが埋まってしまうので
ごく一部だけにさせてもらっています。


自分の興味と関係なく満遍なく学べたことで、より広い視点で歴史、経済、政治、国際情勢などを考えることができるようになりました。ここで学んだ知識を自分の地域でも活かせるような働き方をしたいと思いました。


人生レベルで自分を見つめ直すきっかけを学べました!
人間の持つ、目標と志の違いを学べば「今」何をすべきかはっきりと整理できます。いつも学びを与えてくださるイシキカイカク大学の環境は素晴らしいです。


イシキカイカク大学は主催者の神谷宗幣さんが、"本当の事実"を多角的に学ぶようプログラムされ、これを学ぶことによって意識を変えて人生を自分のものにしてほしいという願いの元に付けられた名前だと思いますが、想定外のイシキカイカクが私の中で起こりました。神谷さんに心からありがとうを言いたいです。


イシキカイカク大学に入った結果、これまで自分を閉じ込めていた枠がなくなり、仲間と知り合い、新しく世界が広がりました。
確実に人生が変割って行くことを体感しています。


イシキカイカク大学での最大の学びは、「行動しない事のデメリットを定期的に実感させられる」事にあると思います。新鮮な価値観を得られる又とないチャンスがイカ大にはあると感じています。


私は、イシキカイカク大学での学びを通して、「日本人としての幸せとは何か」「自分にできることは何か」ということを真剣に考えることができ、価値観が大きく変わり、人生の目標が出来ました。


2期生の通信生です。イシキカイカク大学の講義では、第一線で活躍されている講師陣から直接講義して頂けること、クローズな環境だからこそ提供される生きた情報に触れ、今後の生き方に確信を与えて頂いた思いです。ありがとうございます。


周りが混乱する中、
あなたはどう生きるのか?

今、日本、というよりも日本人の多くが危機に瀕しています。

あらゆるところから嘘か本当かも分からない情報が流れ込み、
情報に踊らされて、混乱しているのです。

前にお伝えしたように、情報は全ての行動の土台となります。

そこが本当かどうかわからなければ、結局行動することができず、
行動したとしても間違った結果になってしまいます。

若い人たちは情報に慣れているように見えますが、一方で
情報の真偽を確かめられないという事態に陥っているのです。

今、私のこのメッセージを受け取っているという時点で
あなたの情報水準やアンテナがかなり高く
優れていることがわかります。

しかし、このままその情報を活かすことが
できなければ何も変わりません。

あなたの生活はもちろん、日本も変わらず衰退していくでしょう。

あなたの目的は、大学で得た多角的情報を活用して、
実際の生活や人生を変えていくことだと思います。

自力で人生を変えることは可能です。

情報を活用すればいいだけなのです。

そして、イシキカイカク大学では、そのための環境を全て整え、
あなたがすぐにでも情報を活かせるプラットフォームを用意しました。
イシキカイカク大学に入学することで、あなたは…

・メディアに振り回されず、自分の頭で真実を判断できるようになる
・作られた常識に縛られず、本質を見ることができるようになる
・あなたと同じ意識レベルを持った仲間と語り合うことができる
・自分の子供や家族、大切な人に真実を伝えることができる
・不測の事態が起きても、正しい対処法を迅速に行うことができる
・あなたの人生のミッションや目的を見つけ、明確にすることができる
・世界の本当の仕組みを知ることができる
・なぜ世界はこうなっているのか?その裏舞台を知ることができる
・得た情報を自分の生活に当てはめ、問題を解決していく
・一流の講師と触れ合い、繋がりを持つことができる
・国内外の研修によって飛躍的に世界観を広げられる
・日本のために何をすればいいのか?が明確に見えるようになる
・生きていくために重要なあらゆる分野の情報をカバーできる

このように『真の情報強者』として、
意識を改革していくことができます。

今の日本の情報社会を考えると、生活を良くするも悪くするも
全て「情報のクオリティ」が命です。

あなたの意識改革が、日本を変える

私はこれまで数多くの諸外国を巡り、
多くのものを見てきました。

また、6年以上に渡る議員活動もしてきました。

龍馬プロジェクトの発足、書籍の出版、全国での講演、
CGSの開設と配信、政党DIYからの参政党立ち上げ…

多くの行動を起こしてきた中で、一つ確信したことがあります。

それは、

「変えるなら、内からではなく外から」

ということです。

これはもはや鉄則だと言えます。

昔は逆に「内からしか変えられない」と勘違いをしていたので、
政治を変えたければ政治の世界の内側に
入らなければいけないと思っていました。

そして実際に議員という立場になり、自分なりに地域社会や
日本を変えようと粉骨砕身取り組みました。

私と同じように考え、政治を世界を志す人も
多いかもしれません。

しかし、中に入ってみて分かったのは
「中から変えるのは非常に難しい」ということでした。

良くも悪くも、どの世界でも独特の論理や力関係が存在し、
それを無視して新参者が好き勝手やれるほど
甘い場所ではありません。

政治の世界は特に、既得権益者の影響力が強いです。

しかし、昔の日本もそうだったように、
外からの圧が加わることで、変化を促すことが
できるという確信はあります。

飛び込んで内側からスタートするのではなく、
「外」の環境を整えて働きかけることによって
その状況に合わせて「内」も変わっていきます。

これこそが王道であり、

正しい革命の道筋

であると確信しています。

日本という国で言えば、政治家になって国を変えるのではなくて、
国民が変わることによって、それに合わせて
国が変わっていくということです。

あなたの中に起こった小さな変化が、
巡り巡って日本を変えることになるのです。

イシキカイカク大学では、あなたに質の高い情報を多角的に提供し、
豊かで理想的な人生を歩んでもらうことを目的にしています。

しかし、私個人の理想としては、
この大学を入り口にすることによって

“公(おおやけ)の心を持った日本人を育成し
共に行動を起こしていく

ことにあります。

そしてあなたの意識を高め、国民の意識を変え、最終的には
日本という国の仕組みを変えていくところまで見ています。

私にとって、あなたに最高の環境を提供し、
高い意識を持ってもらうことで最終目標に
一歩近づくということです。

私の目的を達成するためには、
あなたの力が必要なのです。

どうか協力してください。私は日本が大好きです。
日本をさらに豊かで幸せな国にしていくためには、
あなたの力が必要です。

その代わりといっては何ですが、あなたには最高水準の情報と
日本唯一と言える実践プラットフォームを提供します。

共に先陣を切って、日本に新しい風を吹かせましょう。

2つの受講スタイル

イシキカイカク大学には2つの学び方があります。

1つは先生方のリアル授業が開催される教室に
実際に通って学ぶ『通学コース』という形式。

もう1つは、教室で開催される授業を
インターネットを通してオンラインで視聴する
『通信コース』というスタイル。

通信生として入学する場合は、基本的に
自宅に居ながら授業を受けられる
オンラインスクール型になります。

なので、パソコンやスマホ、タブレットなどの電子機器と
インターネット回線があれば、地球上の
どこでも受講することができます。

実際に開催している授業をリアルタイムで
ライブ配信する形式になってるので、
質疑応答に参加することも可能です。

また、どうしても都合が悪くてリアルタイムで
授業を受けることができなかった場合は
会員サイトに講義のアーカイブ映像を保管してあるので
都合の良い時間に受講することができます。

充実した大学内コミュニティ
さまざまな軸で人脈形成

教室に通学して学ぶ「通学生」として入学すれば
半年間、毎月に渡って同級生や講師の先生方、
そして私と顔を合わせることになります。

否が応でも人間関係が形成されていきます。

通信生の場合、オンライン受講なので完全に
同級生たちと顔を合わせる機会がないのか、
と言えばそんな事はありません。

各地でイカ大メンバー限定のイベントを
定期的に開催します。

そして、第5期修了後には「支部」という
地域グループに参加することが可能です。

地域ごとに繋がり、リアルに会って話をすることもできるわけです。

『支部』は地域別のグループです。

全国で6つのブロックに分かれ、 各地域の支部で集まって
オフ会や勉強会、 合宿などを行っていきます。

①北海道・東北支部(北海道、宮城、青森、秋田、岩手、福島、山形)
②関東支部(東京、茨城、栃木、群馬、千葉、神奈川、埼玉)
③中部支部(新潟、富山、石川、福井、愛知、岐阜、静岡、三重、山梨、長野)
④関西支部(大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山)
⑤中国・四国支部(広島、鳥取、島根、岡山、山口、香川、徳島、愛媛、高知)
⑥九州・沖縄支部(福岡、佐賀、長崎、大分、宮崎、熊本、鹿児島、沖縄)

それぞれの地域支部ごとに特色があり、独自の活動を展開しています。

イシキカイカク大学に参加する時点である程度の
価値観や意識の共通点はたくさんありますが、
さらにそこから細分化されたグループに所属することで
気の合う仲間を見つけることができるでしょう。

合同研修などを開催して他の支部のメンバーと
交流をはかることで、新たな絆が生まれたり、
互いに高めあう相乗効果が発生することでしょう。

イシキカイカク大学はただ学ぶだけでなく、
一生涯の友人を見つけることもできる。

そんなコミュニティでもあるのです。

“イシキカイカク”の投資額

イシキカイカク大学5期の学費は以下になります。

通学コース(先着80名限定)

・一括払い(カード決済/銀行振込):40万円
・分割払い(カード決済のみ):8.5万円×5回(合計425,000円) 

通信コース

・一括払い(カード決済/銀行振込):15万円
・分割払い(カード決済のみ):3.2万円 × 5回(合計16万円)

この金額を高いと感じるか、安いと感じるかは
人それぞれの感覚なのでなんとも言えません。

が、私個人の感覚で言えば、
圧倒的に安すぎると感じています。

一流の講師陣による5ヶ月間、
合計110時間以上の濃密な授業。

蓄積されたノウハウ。整った学習環境。ともに学ぶ仲間。

他では得難い環境に身を置く対価として
この価格設定は決して法外な高額ではないと思っています。

実際、登壇していただく講師陣のそれぞれに
講演を依頼した場合、人にもよりますが
10万円では1回2時間前後のお話しか
聴くことが出来ないでしょう。

中には時給単価が非常に高く、こういった講義を
行う場合は最低でも数十万円から
数百万円をチャージする人もいます。

講師の先生方それぞれ今回の講座の内容を
個別に教わっていくとなると、
どれだけ安く見積もっても100万円以上は
かかることになります。

さらに、対面で直接教わるとなると
その2倍、3倍の金額が必要になっても
何ら不思議ではありません。

イシキカイカク大学という学び場は
私の想いと先生方の志が一致して初めて
この価格でのご案内が実現しています。

これ以上のリターンを得られる
投資先は他に考えられません。

ここまで読み進めている賢いあなたであれば、
すでにその価値はご理解いただけていると思います。

過去4期2年の実績もありますし、私が入念に選んだ
当代随一のトップ講師陣13人(神谷含む)が教壇に立つので
今回もクオリティに関しては自信があります。

もしあなたが、誰も教えてくれない真実の情報を手にし、
真の情報強者として人生を、そして日本を変えたいと思うなら…

まずは入学をして、あなた自身の目で中身を確かめてみてください。

そして、共に意識を改革していく同士として歩むことができたら、
それ以上に嬉しいことはありません。

あなたのご入学を、心からお待ちしております。

イシキカイカク大学第5期詳細

通学コース(先着80名限定)

・一括払い(カード決済/銀行振込):40万円
・分割払い(カード決済のみ):8.5万円×5回(合計425,000円) 

通信コース

・一括払い(カード決済/銀行振込):15万円
・分割払い(カード決済のみ):3.2万円 × 5回(合計16万円)

第5期 講座スケジュール

第5期は2022年の1月から5月にかけての
3連休 ×5回という日程で実施します。

授業は基本的に東京会場で行うので
通学生の方は以下のスケジュールで
会場にお越しください。

<1月> 8日、9日、10日

1月8日(土曜日)
10:00~12:00 神谷 宗幣 『第1講:イシキカイカク大学の意義』
13:00~16:30 笠井 成樹『第1講:思考の柔軟体操・アート思考の練習』
17:00~19:00 丸谷 元人『第1講:国家を牛耳るグローバリズム』
19:30~ 第1回懇親会


1月9日(日曜日)
10:00~12:00 茂木 誠『第1講: 2020年米大統領選に関する情報統制』
13:00~15:00 荒谷 卓『第1講:日本のグローバリゼーションとの戦いの歴史』
15:20~17:20 荒谷 卓『第2講:グローバリゼーションの現状』
18:00~20:00 武田 邦彦『第1講:「環境問題」のミスマッチ』
20:30~ 第2回懇親会


1月10日(月曜祝日)
10:00~12:00 篠原 常一郎『第1講:怪物に成長した共産主義(妖怪のマルクス、秘密結社のレーニン)』
13:00~15:00 林 千勝『第1講:世界の構図と日本の位置』
15:15~17:15 吉野 敏明『第1講:病気と何か、健康とは何か』
17:30~19:30 世野 いっせい『第1講:大変革の時代』

<2月> 11日、12日、13日

2月11日(金曜祝日)
10:00~12:00 篠原 常一郎『第2講:日本の55年体制と共産主義ーGHQ占領体制と冷戦がもたらしたもの』
13:00~16:00 笠井 成樹『第2講:思考を繋げる・類似、相似、連想』
16:30~18:30 丸谷 元人『第2講:グローバリズムの兵器・マスメディア』
19:00~ 第3回懇親会


2月12日(土曜日)
10:00~12:00 茂木 誠『第2講:コロナとワクチンに関する情報統制』
13:00~15:00 林 千勝『第2講:国際金融資本がつくったアメリカ合衆国(1)』
15:30~17:30 世野 いっせい『第2講:世界一バカな金持ちの国「日本」』
17:45~19:45 世野 いっせい『第3講:労働脳と投資家脳』
20:30~ 第4回懇親会


2月13日(日曜日)
10:00~12:00 長 典男『第1講:選挙に行こう』
13:00~15:00 武田 邦彦『第2講:「歴史の改ざん」のミスマッチ』
15:30~17:30 吉野 敏明『第2講:日本の医療の何が問題なのか』

<3月> 19日、20日、21日

3月19日(土曜日)
10:00~12:00 茂木 誠『第3講:地球温暖化と脱炭素に関する情報統制』
13:00~15:30 笠井 成樹『第3講:思考を飛躍させる・シュンペーターの新結合』
16:00~18:00 林 千勝『第3講:国際金融資本がつくったアメリカ合衆国(2)』
18:30~ 第5回懇親会


3月20日(日曜日)
10:00~12:00 世野 いっせい『第4講:米国不動産投資』
13:00~15:00 武田 邦彦『第3講:「医療、健康」のミスマッチ』
15:30~17:30 丸谷 元人『第3講:テロと戦争:対立の煽動から段階的世界統一への道』
18:00~20:00 吉野 敏明『第3講:日本の医療費のシステム・医学教育のシステム・医産複合体』
20:30~ 第6回懇親会


3月21日(月曜祝日)
10:00~12:00 篠原 常一郎『第3講:コミンテルンが生んだ日本共産党の過去といま』
13:00~15:00 執行 草舟『第1講:死生観を持つ』
15:30~17:30 執行 草舟『第2講:ブレない軸で生きる』

<4月> 29日、30日、5月1日

4月29日(金曜祝日)
10:00~12:00 吉野 敏明『第4講:あるべき医療』
13:00~15:00 吉野 敏明『第5講:医療システムの再構築』
15:30~19:00 笠井 成樹『第4講:クリティカルな問題を発見する:デザイン思考の練習』
19:30~ 第7回懇親会


4月30日(土曜日)
10:00~12:00 茂木 誠『第4講: 自由を脅かしている者たちの正体』
13:00~15:00 武田 邦彦『第4講:「メディア」のミスマッチ』
15:30~17:30 丸谷 元人『第4講:グローバリズムと優生学』
17:45~19:45 丸谷 元人『第5講:グローバリズムの理想郷と日本人のあるべき姿』
20:00~ 第8回懇親会


5月1日(日曜日)
10:00~12:00 並木 良和『第1講:あなたの意識を変える世界の捉え方』
13:00~15:00 並木 良和『第2講:時代を生き抜くためのイシキカイカク』
15:30~17:30 荒谷 卓『第3講:ポスト・グローバリゼーションとしての日本文化』
17:45~19:45 荒谷 卓『第4講:いかにグローバリゼーションと戦うか』

<5月> 3日、4日、5日

5月3日(火曜祝日)
10:00~12:00 長 典男『第2講:地底人からの伝言』
13:00~15:00 長 典男『第3講:もし、織田信長が現代に生まれていたら?』
15:30~17:30 篠原 常一郎『第4講:カルト化した共産主義=チュチェ思想、なぜ広まるのか』
17:45~19:45 篠原 常一郎『第5講:アメリカ合衆国の”共産主義革命”とDSが企む世界流動化』
20:00~ 第9回懇親会


5月4日(水曜祝日)
10:00~12:00 長 典男『第4講:生活保障とベーシックインカム』
13:00~15:00 武田 邦彦『第5講:ミスマッチの原因と日本の発展』
15:30~17:30 林 千勝『第4講:国際金融資本がつくった共産主義』
17:45~19:45 林 千勝『第5講:ロスチャイルド、ロックフェラーと日本』
20:00~ 第10回懇親会


5月5日(木曜祝日)
10:00~12:00 神谷 宗幣『第2講:知行合一』
13:00~17:00 笠井 成樹『第5講:コンセプト作りから解決策を練る』
17:20~18:00 総括

※スケジュールは一部変更する可能性があります。
※変更がある際は事前にご連絡いたします。

※懇親会の参加費用は実費となります。
※受講費用には含まれておりませんのでご注意ください。
※懇親会の予算は平均4〜5000円です。

具体的な入学ステップ

イシキカイカク大学への入学を希望される場合は
以下のステップを順番にこなしてください。

ステップ1:クリック

『通学』『通信』のどちらかから希望するコースを選び、
このページの下部にあるボタンをクリックしてください。

ページが切り替わり、一括決済と分割決済の
選択ボタンが現れます。

ご希望の決済方法を選んで次に進んでください。

ステップ2:会員登録/ログイン

希望の決済方法(一括払い/分割払い)を選んで
ボタンをクリックすると、イシキカイカク.comの
ログイン画面が表示されます。

イシキカイカク.comの会員登録が完了している方は
ログインして手続きを進めてください。

イシキカイカク.comの会員になっていない方は、
まずは「新規登録はこちら」という文字の部分をクリックし、
氏名などの情報を入力し、会員登録を完了してください。

ステップ3:決済

ログインもしくは会員登録が完了すると
決済ページへと移行します。

クレジットカード決済を希望される方は
「クレジット決済へ進む」をクリックして進んでください。

ページが切り替わったら、クレジットカードの
番号や有効期限、名義、セキュリティコードを入力し
決済を完了してください。

銀行振込(一括払いのみ)での決済を選択された場合は
申し込み手続き完了後に届くメールに記載された
銀行口座まで所定の金額をお振込みください。
(振込手数料はご負担ください)

申込みの名義と振込名義が異なる場合は
別途お問い合わせください。

決済が無事完了しましたら、
今後のご案内がメールボックスに届きます。

見逃さないようにフラグなどの目印を付けて
チェックしておいてください。

※銀行振込の場合は振込入金の確認後
今後の案内をお届けします。

ステップ4:受講

講座スケジュールに沿って授業を受け、
各界の一流エキスパートの知恵を吸収してください。

最初は理解できないこともたくさんあって
脳に負荷がかかり苦しく感じることもあると思います。

が、その期間を乗り越えると世の中を見る視野が
格段に広がったことが実感でき、ニュースの裏側や
世間の流れが読めるようになってきます。

学ぶことがどんどん楽しくなり、興味の範囲も広がり、
探求レベルも深くなっていくので、意識レベルは
急速に向上していきます。

ステップ5:コミュニティ活動

5ヶ月間の受講を修了した後は、
ぜひ積極的なアクションを起こしてください。

学んで終わりではなく、実際に行動に移して、
自分の生活を変え、社会を変えるところまでが
この大学で提供する学びの目的です。

一人での活動が難しければ、あなたのお住いの地域の
『支部』に参加し、仲間とともに交流や発信などに
取り組んでみてください。

一人でもガンガン発信していける人は、学んだ内容を
自分の経験を踏まえて人に伝え、リーダーとして
コミュニティ作りを始めるのもオススメです。

リーダーとしても、メンバーとしても、それぞれの
スタンスでコミュニティ活動を行っていくことが
草の根で社会変革を起こす重要な一歩です。

このコミュニティでの活動に、イシキカイカク大学の
真価が問われていくことになります。

学んで終わりではなく、学びを踏まえた活動があってこそ
イシキカイカクの輪を広げていくことができるのです。

最後にお伝えしたいこと

ここまでお読み頂きありがとうございました。

最後なので、ちょっぴり本音をお伝えします。

正直、イシキカイカク大学を復活する事は
ありえないと思っていました。

講義のたびに東京と大阪を何度も往復し、
会場や懇親会の手配、撮影班との打ち合わせ、
先生方のスケジュール調整などなど
運営にあたっては本当にエネルギーを使います。

現在の拠点である加賀で、家族と過ごす時間も
少なからず犠牲になることが分かっていました。

お金を稼ぐ手段なら他にもっと効率の良い
やり方がいくらでもあるので、わざわざ
こんな大変な思いをしなくても…

と考えたことも、一度や二度ではありません。

しかし、それでも私にはやらねばならない!
という使命感があります。

少子化、経済停滞、地方の空洞化、止まらない医療費増加、
移民の増大、技術流出などなど…

日本の内側には様々な課題が山積みなのに、
外からも大きな危機がもたらされる寸前なのに、
その「本質」や「真実」を、学校教育も
マスメディアも伝えていません。

また、世界各地を回りながら日本をみると
素晴らしい歴史とポテンシャルを持っているのに、
全然力が発揮できておらず、経済停滞のせいで
どんどん存在感がなくなっています。

外交も悲しく情けない状態です。

このままだと、日本は二流、三流の国になり、
国民生活はさらに貧しくなっていきます。

この状態を政治家任せにしていても改善されないのは、
あなたもすでに気が付いていると思います。

明治時代に福沢諭吉が唱えたように
国民一人一人が国を支える気概を持たねば、
日本が再び浮上することはないでしょう。

私はこの事をあなたに伝え、あなたと一緒に
強く、優しく、豊かな日本を再構築していくために
イシキカイカク大学を運営しているのです。

ただ、イシキカイカクを起こすことは、
残酷なことでもあります。

なぜなら、家族や友人らと話が合わなくなってきて、
孤立感を感じているという声もたくさん聞いているからです。

「こんなことなら知らない方がよかった」

という声も何度も聴きました。

私もかつて同じ想いをもったので、
気持ちはよくわかります。

本音を言えば、今でもたまに

「俺一人頑張っても、どうにもならないからなぁ…
いっそ全てを投げ出してしまいたい…」

と、諦めそうになることもしばしばです。

しかし、思考停止して現状に甘んじるのは、
かりそめの「奴隷の安住」になるので
どうにも我慢ならないのです。

そして、自らを奮い立たせ、立ち上がり、
あなたと一緒に活路を見出していきたいという
思いを抱えるに至りました。

一人の力ではできないことも、
力を合わせてやっていけばなんとかなる!

そんな想いです。

実際にイシキカイカク大学修了生の方々には
地域支部でのリアルな交流活動など
仲間と顔を合わせる機会がたくさんあります。

修了後も学びと実践の機会を
共有をしてもらう場があるということです。

ただ学んで終わりではなく、継続して学び続け、
仲間とともに学んだことを実践し、
自分の現実を変えていく。

その小さな変化が積み重なって、
社会を変えるムーブメントになる。

そんなコミュニティが動き始めています。

今回初めてこの輪に飛び込む人は、
一時的に辛い思いをするかもしれません。

が、暖かく迎えてくれる仲間がいるので
安心してください。

あなたの価値観や世界観が変われば、
それに合わせて新しい仲間が現れます。

周囲に想いやメッセージを広め伝えていく
具体的な実践方法もシェアしますので、
勇気をもって飛び込んできてください。

あなたは一人ではありません。

あなたの居場所は、ここにあります。

ともにイシキカイカクの輪を広げ
日本をもっと素晴らしい場所にしていきましょう。

神谷 宗幣